2015年も皆さまのご期待に答えれるように、全力で取り組んで参りますので何卒よろしくお願いいたします。お話は変わりますが、2015年スタートの電波試験をご紹介いたします。 場所は青森県の青函トンネルです。簡単にご説明いたしますと、トンネル内での現場作業では通信連絡が1番の作業効率・安全面でもきわめて重要になります。携帯電話が圏外の地下内では、PHSなどの基地局を設置するのが一般ですが、それでは莫大な費用が発生いたします。そこで㈱アクティオ様と弊社が協力して開発したのが「特定小電力無線の中継システム」になります。費用も通常の通信手段に比べ、大きく削減可能です。またこの長距離中継システム は国内ではまだ前例がなく、運用が成功すると海底トンネル内での中継システムでは国内では初めての運用になります。青函トンネル内の構造はこのような図になります。

青函トンネル

次に通信試験いたしましたトンネル内は このような光景です。

SANYO DIGITAL CAMERA

次に特定小電力無線中継システム試験の様子です。トンネル内の気温は20度程でした。

IMG_0787  IMG_0757

無線中継システム試験完了。通信距離は想定より遥かに電波状況も良く、通信距離も飛ぶ感じでした。

IMG_0806